忍者ブログ
右脳は、ほとんどの人であまり使われていませんが、創造性や直感、イメージなどを扱い、うまく使えれば驚く働きがあります。
[1]  [2]  [3]  [4
2018/10/23 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/03/16 (Mon)


右脳は、小学校に入る頃までは、誰でも優勢ですが、

学校の教育で、言葉や計算、論理的思考を習うにつれ、

次第に左脳が優勢になっていきます。


大人になることには、ほとんどの人は左脳が優勢となっています。

これは、左脳中心の教育のため、右脳があまり使われなかったためです。


右脳を開発し活性化すれば、直感や創造性などのほかにも、イメージを自由に扱えるようになります。

自己啓発などで、目標を達成するには、達成したところをありありと描く方法が説明されていますが、

イメージを脳裏に描けなければなりません。


右脳が活性化すると、見たままをそのまま覚えられる写真記憶や、

他人が考えていることがわかるテレパシーなど、

左脳では、考えられないことができるようになることがあります。


イメージを使えるようになれば、脳全体も活性化しますので、

理解力や記憶力も向上します



右脳に関しては、右脳記憶術もご覧ください。 .
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アーカイブ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
忍者ブログ [PR]